思いつきと格闘する日々

∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞
★来るべき光の時代の担い手に:第18期フラワーエッセンスクラス募集中♪
9月上旬開講:詳細はこちら→
∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞

思うところあって心理学の基礎の勉強を始めることにしました。
(相変わらず思いつきが突然だよなぁ・・・と彼(コオ)から言われています。^^;)

使っているものは東京大学出版会の「心理学」という
概論としては代表的な本(らしい)なのですが、
何せ初学者なので、ゆっくりゆっくり、心理学辞典を脇に置きながら読み進めています。

かれこれ20日間ほど格闘しているのですが、ようやくその学術的な空気に慣れてきました。

おそらく本に書かれているすべてが基礎的知識なのだろうなぁ・・・と思いつつも
独学ゆえの悲しさで、その中でも基本中の基本とそうでないものとの区別がつきません。(^^;)

以前イシス学院の大沼先生のカバラの講義を受けた時に
学びたい内容の講義を受けることの最大のメリットは
その学問の基本がどこにあるのか、まず覚えなくてはならない根幹はどこで
枝葉にあたる部分がどこにあるかが明確に分かることだ、と言われたことがあります。
(かつて名古屋大学の助教授をされていた大沼先生だけに、そのお話は記憶の片隅に
残っていました。)

それは講師が強調して説明したり、何度も表現を変えて説明したりすることで、
自然にどこが一番の基本なのかが分かるからです。

最近の書物は多色刷りなどのものも増えていますが
それでも説明が詳しくなればなるほど、その説明や事例はどこまで覚える必要があるのか
分からなくなります。

一応講義を聴いて、それを踏まえたうえで専門書を読むと、
書かれている内容がよりスムーズに頭に入るし
ともかく最初にどこに重点を置いて読めばいいのかが分かると言われました。

そんなものかなぁ、とその時は思いましたが、
今、この本を読みながらそれを実感しています。(^^;)

自分で思いたったこととはいえ、はぁ。。という気分です。
(確かに私の思いつきは相変わらず突然だよねぇ。。)

もっとも久しぶりに大学生になった感じで、かなり若返った感じが嬉しいですが。(^^)


☆明日7月29日(金)~8月1日(月)までお休みをいただきます。
 いただきましたメールへの返信は2日(火)となります。
 ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします

by m_alchemia | 2011-07-28 20:49 | 日々の想い