オリーブ

この間、家族と話をしていて久しぶりに落ち着かない嫌な気持ちになりました。

それで、ああ、なんでこんなに面倒なのかしら・・・などと思いながら
しばらく気持ちを持て余していました。

翌日になってもその感情が減っていかないので、さてどうしたものか?と思って
ふと思い立って自分のためにペンデュラムでエッセンスを選んでみましたら
オリーブが一本だけ選ばれました。

オリーブのエッセンスは肉体的な疲労に対するエッセンスです。

私は怒っているのかしら、苛立っているのかしら、落ち込んでいるのかしら、
徒労をを感じているのかしら、と思っていたのでこの結果は意外なものでした。

ふ~んオリーブねぇ、と思ってエッセンスを飲みながら今日に至っているのですが、

今朝になって「超訳 ニーチェの言葉」の中に

「自分をだめだと思ったり、人に対して憎しみを覚えたりしたときは、疲れている証拠だ。
そういうときはさっさと自分を休ませなければいけない」

と書いてあるのを見つけました。
(ちなみにこの「超訳 ニーチェの言葉」はかなりレビューでたたかれていますが、ニーチェと関係なく心を豊かにするための本として読めば非常に学べることの多い本です。そしてこの☆1つ~☆5つまでのレビューひとつひとつがかなりおもしろかったです。^^)

この本の中のニーチェは、特に一日の終わりのように疲れきっているときに反省なんかしてはいけない、
自分や他人の悪いところばかりが目について、ウツの原因になるというようなことをいいます。

いつもなら、なんとなく読み飛ばすところでしたが
オリーブを飲みながら、いやいや、本当に大事なことだねぇと思いました。

湘南は海開き(7月1日)もまだなのに、うだるような暑さです。

人に優しくなれなかったり、人と比べて落ち込んだりして
自分らしくないなぁという気持ちがするときは
まずしっかりと疲れをとることが大事だ、ということを学びました。

考えるのならそれからでも遅くはないし、その方がいい解決方法も見つかるかもしれません。

この夏も疲れを残さず、穏やかで前向きな自分でいたいなと思います。
by m_alchemia | 2011-06-29 14:37 | 日々の想い