出し切る努力

d0011725_21292487.jpg昨日の満月にあわせて発行したメルマガへの感想をKさんが送ってくださった。

私はメルマガの中で「もうなくなるだろうと思って買った日焼け止めローションが1ヶ月たってもなくならない。もうなくなるだろう、もうダメだろうと思ってもそこからが実は結構長い。
それは自分の中にすでにもっているものを過小評価しているという、自分の生きるパターンにも通じているように感じる」と書いた。

以下Kさんのメールである。

私は仕事場の机の目の前にある"セロテープ"でした
テープの残りわずか加減をアピールするかのように
しろ~~~くなってましたので
私はいつなくなってもいいように 新しい換えのテープをそばに用意したのですが
それが思った以上に長持ち・・・
こんなにしろ~~くなってるのに まだ?まだ?まだ?という気持ちでした

私自身を振り返っても 今まで【常に外に捜し求める】傾向が大きかった事を思ってきていたので美保さんの書かれている事で 思いが整理されたという感じでした。

何かをもっているからとか(それは肩書きであったり、経歴であったり、財力であったり・・・・)多くの外から後付されてくる物事よりも
本質の心から自分の中にある力みたいなもの
自分の存在を大切にして そこから周りとの調和がうまれる事を思います

・ ・ ・ ・

今自分の手元にあるものは実は自分が思っている以上にたくさん残っているのだと思うのだ。自分の才能も例外ではないだろう。私の日焼け止めローションやKさんのセロテープのように、あれっ?私の力ってまだこんなに残ってた?という具合になるかもしれない。

でもそれは最後まで使いきろうとしてみないことには、実はどれだけ残っているのか分からない。Kさんのいうように「本質の心から自分の中にある力みたいなものを大切に」していくことが世の中にいい波動を生み出していくと信じたい。
自分を過小評価せずにとことん出し切ってみたいものだ。

Kさん、ありがとうございました。(・・・メルマガのダイジェスト版のようになってしまった)
by m_alchemia | 2005-07-22 21:56 | 日々の想い