ベストコンディション

4月に入り新年度となって仕事の内容や生活のスタイルが変化をし、その疲れがボディーブローのように効いてきている方も多いようで、そんな疲労感に対するフラワーエッセンスをお選びすることも多くなりました。

そのうち慣れる、という部分もあるかと思いますが
生活全体を見直してコンディションを保つための微調整を行うこともとても大切です。

「自分に合った仕事をするのではなく、仕事(状況)に最適な自分の状態を作る」ということです。

子供が小学校に入学した、仕事の時間が長くなった、勤務地が変わったなど何かが変わった場合は、これまでと同じような生活ではベストなコンディションは保てないものです。

先日のライブ放送の中のミカエルさんのお話にも、自分のいいコンディションを保つためには何を食べたらいいのか、何時間眠るのがいいのか色々試しながら記録を残し、ベストなものを選択していくとありました。私自身も紙には記録を残さないものの、何時に何をどれだけ食べるとどうなるのかは常にチェックしていますし、翌日が仕事の日、オフの日、ベストな状態でいるのはどういう環境でどのくらい眠ったらよいのかを常に考えて決めていますので、ああ、ミカエルさんも同じだなんだなと思いました。

そうやって最高の状態でお客さまをお迎えしたい。そのためには睡眠不足などもってのほか。どんなにやりたいことがあっても次の機会に回すようにしています・・・といいたいところですが、日々誘惑との葛藤があるというのが実情です。(それはもちろん「私にとっては」睡眠時間は大きな影響を与えるということで、すべての方に当てはまるとは考えておりません。^^)

ちなみに私が思うベストな状態とは体が温かくて軽いこと、思考がクリアなこと、心が穏やかなことです。

これは食べるものや睡眠の質で大きく変わってくるというミカエルさんの意見に同感です。

そして仕事の部署が変わったり、職務が変わったり、役職が加わったりするなどすれば、このコンディションの取り方もガラリと変わるはずで全体を見直していく必要があると感じています。

自分が期待されている結果を出すためにはベストコンディションをどう維持するのか。サッカーのカズや、野球のダルビッシュなどのその様子をインタビューなどでみていると、その徹底ぶりに感心しますが学ぶところも多くあります。

プロのスポーツ選手でなくとも全て「仕事」と言われるものは(主婦業ももちろん!)肉体労働です。疲労を感じている場合は周囲に遠慮せずに睡眠を多くとったり、あるいは少し体を動かしてみたり、ゆっくりお風呂に使ってみたり、一人になる時間をとってみたりして積極的に調整をしてみることはとても大切。

最高のコンディションを整えることは仕事の内、と自分自身にいいきかせたいところです。(^^)
by m_alchemia | 2011-04-22 17:45 | 日々の想い