将来の夢

今日はある人の小学校6年生の時の作文をそのまま掲載させていただきます。

 ・ ・ ・ ・ ・ 

 『将来の自分』

 二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
 三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
 四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
 六年後…高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。
 八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。
 これを目標にしてがんばります。

 マスターズ優勝はぼくの夢です。 それも二回勝ちたいです。
 みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。
 でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

 みんなが一生懸命練習をしているなら、ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。
 ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、
 「もっとあのときにこうしていれば…」とか後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

 来年には埼玉の東京GCで行なわれる「埼玉県ジュニア(中学の部)」で優勝したいです。

 今は優勝とか関係ありません。中学生になってからそういうことにこだわろうと思います。
 高校生で試合に優勝すると、外国に招待してくれます。
 その試合で世界から注目される選手になりたいです。

 ぼくは勝てない試合には今は出ません。
 ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、
 世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

  ・ ・ ・ ・ ・ 
 
もちろんですが、石川遼くんの作文です。

小学生にこの作文が書けて、大人にこれが書けないということがあるんだろうか、というようなことを考えていました。「世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。」という部分が素敵。
どこまでも頑張っていってほしいです。(^^)
by m_alchemia | 2011-04-19 17:21 | 日々の想い