科学の向こう側の世界へ


    「広島の原爆が落ちたときだってさ、
    広島には50年は草木は一本も生えないって、
    学者の人はこぞって言ったんだよ。
    でも数ヵ月で雑草が生えたんだよ。
    なんでも科学だけではわかんないんだよ」。


      ◇がんから教わるワンショットセラピーVol.459 【科学の向こう側へ】 より

毎週月曜日の私の朝は、マサコさんのメルマガ「がんから教わるワンショットセラピー」でスタートします。上記の言葉は本日のメルマガで紹介してくださっていました。マサコさんの広島生まれのお母さまの口癖だったものだそうです。

メルマガの中では次のようにも書かれています。

 ・・・放射能が遺伝子に傷を与え、それががんや白血病を引き起こすのです。
   でも傷ついた遺伝子は感謝や感動の想い、そして祈りで
   修復できることが遺伝子研究の分野で解明されつつあります。

同じことを別のヒーラーさんからも先日言われました。だから過度に心配なくて大丈夫だから、と
それよりも愛に生き、感謝・感動の日々を送りましょう♪ と。(^^)

マサコさんの本日のメルマガの全文はこちら。 → 
by m_alchemia | 2011-04-04 20:54 | 日々の想い