いろいろな情報が入ってくる中で


「最悪のシナリオという脅しに騙されないために」というタイトルで
田口ランディさんが、記事をまとめています。→ こちら

最悪のシナリオ、というものがよくわかっていないまま(私も最悪のシナリオが具体的にどういうものなのか、良く分かっていません)、その言葉だけが独り歩きをしている状況で、原子力の技術者である東北大学の北村正晴氏を中心に研究会をたちあげ、その内容を書いてあります。


尚、この記事の中にもある苫米地英人さんのブログ
「放射線と放射性物質の概念を混同して国民の不安をメディアは煽らないで欲しい」はこちら


目に見えないものだけに何をどこまで心配していいのか分からないものですが
不必要なパニックや、風評被害といった2次災害もできるだけ
少なくすることを考えていきたいと思います。
by m_alchemia | 2011-03-24 17:10 | 日々の想い