それでもなお

ケント・M・キースの「それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条」の10カ条はとても有名なものだそうだが、私は今回初めてそのすべてを読んだ。

「それでも私はそれをやる」という言葉は、いつの間にか自分の中で、まるで最初からそこにいたかような形であるものなのだけれども、これを他人の言葉として目にしたとき、ああ、やっぱりそれでよかったんだという安堵感と、何か救われたような感じがした。

以下がその10カ条である。

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい。
2.何か良いことをすれば、隠れた利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。それでもなお、良いことをしなさい。
3.成功すれば、嘘の友達と本物の敵を得ることになる。それでもなお、成功しなさい。
4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。それでもなお、良いことをしなさい。
5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。それでもなお正直で素直なあなたでいなさい。
6.最大の考えをもった、もっとも大きな男女は、最小の心をもった、最も小さな男女によって打ち落とされるかもしれない。それでもなお大きな考えをもちなさい。
7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。それでもなお、弱者のために戦いなさい。
8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。それでもなお、築きあげなさい。
9.人が本当に助けを必要としていても、実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。それでもなお、人を助けなさい。
10.世界のために最善を尽くしても、その見返りにひどい仕打ちをうけるかもしれない。それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

自分が自分でいていい、と言われたような気がする。
しっかりと前を向いて生きていきたい。


*本日もお読みくださいまして、ありがとうございました♪
by m_alchemia | 2011-03-08 20:25 | 日々の想い