準備のこと・2

*5月開講のタロットクラス(基礎・実践クラス)のお申し込みは3月1日よりお受けいたします♪

 ・ ・ ・ ・

さて先日の続きの準備について。

「準備をしなさい」と言われたので、何のための準備をするのか?これから何が始まるのか?ということを当然ながら聞きたくなった。(ノアの箱舟じゃあるまいし・・という気持ち。^^;)

別に何が始まるというわけではなく、ただ準備だけをしていればいい、という。

準備というのは「創造」の一端を担っている。

それは「片付ける」という行為よりも何倍もその意識が強いように思う。「片付け」をしているときはすでに終わったことを考えながらそれを行う。けれども「準備」というのはこれからのことを考えてそれを行う。

例えば机の上を綺麗にする。
これを終わったことの片づけのつもりで綺麗にするのと、次の作業がすぐ出来るための準備のつもりで綺麗にするのでは気持ちの置き方が違う。そして次の作業をするための準備として綺麗にすると、何をどこまで整えておけばいいのかが分かる。

だから、片づけるのではなくて、いつも準備をする。創造を意識しながら準備をする。

・・・・・というような一連の説明を自分の中の「声」から受けた。(^^;)

一方で、ふと開いた雑誌の中にあった「天命に従って、人事を尽くす」という言葉が目に入った。

ナルホドそういうことね。

少し言い方を変えると、「準備を行って奇蹟を待つ」という感じだろうか。

準備さえして、あとは余計な事さえしてくれなければ(ここが大事。とっても大事。)、あとはこっちでやるよ、と言われているような気がした。

ああ、確かにその方がすべてはうまくいくような気がする。(^^)
by m_alchemia | 2011-02-23 21:24 | 日々の想い