8割よりも6割を

ふと、トヨタ方式に関する本(書名を忘れました・・)の中に書かれていたことを思い出しました。

「勝算が6割あったら、GOサインを出す」

うまくいくかどうかが5分5分ではやはりリスクが大きい。しかし6割だったらやってみる価値があるというお話でした。

そのときナルホドと感心したのは逆に勝算が8割だと、今度は成功がほぼ当たり前になってしまうので、失敗することに対するプレッシャーが強くなってしまって、萎縮してしまうということでした。勝算8割の場合はうまくいってホッとはするかもしれませんが、成功した喜びは実は意外に薄いのかもしれません。

その点で勝算6割というのは一生懸命やっても失敗するかもしれない、でも必死でやれば何とかなるかもしれない、それだったらもう出来るだけのことはやってみよう、というようになって本来のその人の力が最大限に引き出されるということがあるのかもしれません。

そしてもちろんうまくいく確率が低い分だけ、達成した時の喜びは大きいでしょうし、また失敗しても学べることも多く、それが次につながるエネルギーとなって結果的に成功を得る確率はとても大きいように思います。

勝算8割と6割であれば、ワンランクアップして6割の目標に向かってみるというのもいいのかなと思っています。きっと私たちはそんなところに「ワクワク」と感じる生き物なのかもしれません。

明日1月29日~2月2日までラオスです。1月30日にピアラー小学校の開校式があります。ラオスってどんなところなのかなぁ。子供たちはどんな目をしているのかなぁ。どんな旅行になるのかなぁ。(手配した車に全員乗れなかったら荷台に乗って、と言われた。^^;)

今、とてもワクワクしています。(^^)
帰国しましたら、写真と共にご報告をさせていただきます♪
by m_alchemia | 2011-01-28 18:07 | 日々の想い