成功に値する人

「成功をめざす人に知っておいてほしいこと」(リック・ピティーノ著)という本を読んでいます。

本の最初にチャーチルの「勝利を祈ることはすばらしい。しかし本当に大切なのは、勝利に値することだ」という有名な言葉とともに、「成功に値する人」になろうと書いてありました。

どうすれば成功できるのかを考えるのではなく
どうすれば成功に値する人間になれるのかを考える。

ちょうどクラスでお会いした人から、自分が幸せになることに若干の抵抗がありますというお話を伺いました。お金を稼ぐということに心理的ブロックがある方も多いように思います。

けれども豊かになることを目標にせず、人生の成功者にふさわしい人間になることを目標に据えれば、その抵抗感は幾分異なったものになっていくかもしれないと、本を読みながら思いました。

チャーチルの言うような勝利に値する人間とはどういう人なのでしょうか。

至誠を貫く人でしょうか。ひたむきな努力を倦まずたゆまず続けることができる人でしょうか。思いやりにあふれ、いつも前向きな姿勢で、ものごとに執着せずに感謝を絶やさない人でしょうか。

勝利に値する人間、成功するにふさわしい人間とはどういう人なのかについて、ピッタリとした言葉はみつからないままなのですけれど、ひとつはっきりしていることは、これにはゴールがないということです。

ゴールがない目標というのも、それはそれでいいものです。(^^)
手に入れたらおしまいというのでなく、どこまでもどこまでも遠慮なく追い求めることができる目標です。

久しぶりにいい刺激を受ける本に出会いました。



*本日もお読みくださいましてありがとうございます♪
17期フラワーエッセンス・Bachクラスは残り3名となっております。
by m_alchemia | 2010-11-14 20:45 | 日々の想い