月の香り、花の音色

このブログは前回のメルマガ「フラワーヒーリング日記」の発行前夜に突然開設となりました。ブログのことをちらりと思い始めたのは、今年の初め頃。けれども私自身がPCに疎いため、それとなく彼(コオ)に希望を伝えておきましたところ、忘れていたかのようであった彼が突然に思い立って(そのように見えました・・)作ってくれたのです。「せっかくだから明日のメルマガでお知らせ出したら?」という言葉にびっくり。嬉しくて嬉しくて、時間を忘れて作業の仕方を教えてもらい、初めてのブログへの書き込みをおこなったのでした。

作業中に、はたと考え込んだのはブログのタイトルです。目に見えること、見えないことにこだわらず、直感にふれたものを言葉にしてみたい。それにぴったりくるような名前をと思ってもどうしても出てきません。2、30分ほどたった頃、手元にあった本を何気なく開いてみましたところ、そこに「糸の音色」とありました。志村ふくみさんの「一色一生」という本です。ですから、このタイトルは志村さんからいただいたということになります。感謝の意を込めてそのことを書き記しておこうと思いました。

この本は志村さんの糸、織、色への思いをこめたエッセイ集です。著者がそれらの背後に確かに存在するものに対してしっかりと焦点を定め、それを見失うまいと、自身の器を広げようと努力してきたその道が書かれています。「一色一生」から少しばかり引用します。

「色はただの色ではなく、木の精なのです。色の背後に、一すじの道が通っていて、そこから何かが匂い立ってくるのです。私は今まで、二十数年あまり、さまざまの植物の花、実、葉、幹、根を染めてきました。あるとき私は、それらの植物から染まる色は、単なる色ではなく、色の背後にあるある植物の生命が色を通して映し出されているのではないかと思うようになりました。それは、植物自身が身を以って語っているものでした。こちら側にそれを受けとめて生かす素地がなければ、色は命を失うのです」

私はこの本をお供にして高山へ参ったのですけれども、私が今後たどり着きたいと感じているものも同じところにあると深く感動しました。そんなことも含めて充実した休暇をいただいたと思っております。

尚、このブログは都合上コメント不可になっておりますが、感想などございましたら是非本サイトよりメールをお送りください。
by m_alchemia | 2005-04-04 16:47 | 日々の想い