夏の終わりに

小渕沢から戻ってきて久しぶりの休日であった昨日、せっかくなので夏の最後にどこかへ遊びに行こうということになり、彼(コオ)と映画を観に行きました。

映画は「新しい人生のはじめ方」。主演はダスティン・ホフマンとエマ・トンプソン。大人の恋愛物語です。派手なストーリーではないですが、出演者の演技力の高さによって自然に惹きこまれ、感情移入ができました。上質な映画でした。すでにこの夏にDVDが出ているようなのでちょっと落ち着いた雰囲気に浸りたい方は是非。(^^)

映画は映画館で見るのが好きです。自宅でDVDを観ればもっと多くの映画が観られるのは分かっているのですが(観たいものはたくさんあっていつもチェックはしているのです)、観終わった後の余韻が味わいにくいのが私にとっての難点です。

DVDで映画を観ると、観終わった数分後にはメールのチェックをしたり、明日の準備に追われるといったことにどうもなりがちで、そんな自分の性格を考えれば、少なくとも映画館で見れば、家に帰るまでの間はその余韻に浸りながら、それも彼と二人で観れば映画の感想を語り合ったりして味わうことを楽しめるので、その点が気に入っています。

この数年は特に人生に「余白」という部分を多く取りたいという気持ちが強くなっています。キャンパスいっぱいに描けるだけのものを詰め込むのではなく、余白を「描くようなつもりで」一日の出来事を効果的に、あるいは人生のテーマをシンプルに絞っていきたいと感じるのです。

余白は単に何もないということだけではなく、文章における行間や、音楽における間合いといったものにも、そこに意味と味わいが含まれていると感じます。

余白の効果というのは芸術においても、あるいは人生においても大きいのではないかと、そんな風に思っております。

さて、昨日は映画を観終わった後、彼が一度行ってみたいと言っていた「コメダ珈琲店」へ行って(^^)、帰宅後は「デイズ鵠沼」の定番ランチ、スイートアジアンライスを再現してみようということになり、二人で試行錯誤の末、まあいい線いっているんじゃない?という具合の夕食を家族で楽しみました。

残暑は相変わらず厳しいですが、早朝に仕事をしていると、風はもう秋の気配が十分に感じられます。この夏もおかげさまで十分に元気に楽しく、味わい深く過ごさせていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-08-31 07:59 | 日々の想い