ゆみちゃん

7月下旬に小学生の頃によく一緒に遊んだゆみちゃんの家に母と行きました。
母は何度かゆみちゃんには会っていますが、私がゆみちゃんに会うのは30年ぶりくらいです。

ゆみちゃんとは同じクラスになったことはなかったのですが、家が近所でよくお互いの家に上がりこんでいました。ゆみちゃんの家の玄関脇にある物置も遊び場の一つで、とても懐かしいです。(^^)

10年くらい病気がちでほとんど家にいたということでしたが、先日会ったゆみちゃんは子どもの頃と全く変わっていなくて、明るくて、よく人に気を使い、基本的にポジティブで、そしてたくさん話をしてくれました。

わぁ・・全然変わっていないなぁ、と思ってちょっと感動していたら

「みほちゃん、昔と雰囲気が全然変わってないね!」と言われて、そのことにとっても驚いてしまいました。

私が自覚している小学生時代の私はもっとおとなしくて、もっと人の動向に左右され、なんだかはっきりしない子どもだったように思っていたからです。社会人になって、結婚をして、子どもを育てて、今の仕事をしていく中で私はずいぶん変わったきたと、成長してきたと感じていたのです。

ゆみちゃんは「そんなことないよ。みほちゃんは昔から頭がよくて、考え方がしっかりしていて、今と変わっていないよ。確かに今の方が前より堂々としている感じはあるけれど、同じだよ」といいます。

頭がよくて・・・というところはゆみちゃんの勘違いだとは思いますが、同席していた母も横で笑っているだけでなんのコメントもしなかったので、母も同じようなことを常日頃感じているのかもしれません。

結局いろいろやってきたけれど、昔から私はこうだったんだねぇ・・・

なんだかふっと力が抜けました。

そうなんだねぇ・・・ということは、きっとこの先もずっとこうなんだよねぇ。

私は一体どうなろうと思って頑張っていたのかな。
そう考えたら、なんだか自分のことがおかしくなってきました。(^^)

この夏、ゆみちゃんに会えたことは本当によかったなと思っています。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-08-04 08:47 | 日々の想い