発表会

今日は桂のバイオリンの発表会を見に行きました。

桂は小学校5年生の時に自分からバイオリンを習いたいと言い出し、そして高校生になった今も辞めずにレッスンに通っています。

普段はあまり家でバイオリンを弾くことがなく(・・・というよりも家に誰もいないときにしか弾かないそうです。だから私が聴いていないだけかも?)、私も桂はプロになるわけではないだろうから、自分なりに音楽を楽しんでいるのならそれでよいと思っているので、そのことをあまりうるさく言うことはありません。

たまに「バイオリンは弾いていて楽しい?」と聞くと、「うん、楽しいよ」というので、そうやって今まで来ましたが、発表会も近くなるとさすがに私や彼(コオ)が家にいても練習するようになりました。

ビバルディ作曲の協奏曲イ短調第1楽章。
本番もそれなりにしっかりまとめて、たくさんの拍手もいただきました。(^^)

桂の演奏は、本人が弾くことを楽しんでいることが伝わってくる演奏で、私はいつもそれをちょっとうらやましく思います。

ところで発表会では3,4歳くらいから年配の方までがピアノや、バイオリン、オカリナ、フルートなどを演奏しました。小さい頃からやっている人、大人になってから始めた人とさまざまで、そしてそれぞれが音楽を生活の中に取り入れて人生を豊かにしている姿は素敵です。

本人も一生懸命なら、それを見守っている家族の方も見守る姿が真剣です。
そんな光景も昔から変わらず、あたたかくほほえましい感じでした。

8月。私も秋の定期演奏会に向けて、そろそろ本腰を入れようかという気になりました。(^^)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
 9月開講のタロット実践クラス・木曜日クラスは満席となりました。
 日曜日クラスは残席2名です。
 
by m_alchemia | 2010-08-01 21:37 | 日々の想い