ごはんをつくるということ

今日は午前、午後と個人セッションをさせていただきました。

そのお二人から私のブログの同じ記事について、お話がでました。

それは私が他の人のリーディングを受けた際に
「ちゃんとごはんを作りなさい」といわれたことを書いた記事なのですが、
お二人ともどんなに疲れていても、あるいはどんなに体が痛くても
家族のためにちゃんとご飯を作っているという方でした。

そういう方だからこそ、目に留まったのでしょう。
記事を読んで、
やっぱり大変でもきちんとしなくちゃいけないのか、と思われたのかもしれません。
大変でもご飯作りに手を抜いてはだめですよ、と言われたような気がしたのかなとも思います。

でも実際はそうではないのですね。
私が現に手を抜いているから苦言を呈されたのであって(^^;)
もし私がすでにきちんと何一つ手を抜かずにしていたら
「そんなに力を入れて家事をしなくてもいいですよ」と
ガイド(?)から必ず言ってもらえたはずだと思っています。

それで今日、何故私が同じ記事について2回もお話を聞くことになったのかというと

「そういう記事を自分で書いていたよね~。思い出そうね~。」

ということだったのだと思います。(^^;)

はい。おかげさまで思い出しました。

明日は14日ぶりのお休み。
さあ、すこしゆったりできるなぁ・・・何をしようかなぁ、と思った矢先のお話でした。

何をしてもいいけれど、ご飯だけはきちんとつくりましょうね、と。(^^)
これは「私には」非常に大事なメッセージのようです。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-07-29 18:40 | 日々の想い