自動調律

体を動かすワークをしている方から

「首や肩、腰、手足などを動かしてみて、ここが固まっているとか、ここの左右のバランスが悪いといったことを毎日チェックしてあげる。そして気がついてあげれば、後は体の方がどうすれば元に戻るのかを知っているから体がしたいようにさせてあげればいいんです」

というお話を伺いました。頭でいろいろ考えてこうしてみたら、ああしてみたら・・とやってしまうとかえって力が入ってうまくいかなくなるということでした。

体にはきちんと自動調律の力がはたらいているということですね。

「余計なことさえしなければ、すべてはうまくいく」というのは奇蹟のコース(ACIM)にも書かれていたように思います。

ところで自動調律をしてくれるのなら、チェックする必要もないのではないかとも思いますが、それはやはり違うのだろうと思います。

何が違うのかというと、愛があるのかどうかが違うのです。

気にかけるというのは愛の表現なのだと思うのです。

自分の体にも人にも物にも、余計なことはせずに、愛をかけること。それだけが大事なんだろうなということを思いました。


*本日もお読みくださいましてありがとうございます♪
by m_alchemia | 2010-07-27 08:40 | 日々の想い