与えること、もらうこと

先週、お客様からたくさんの花をいただきました。オフィスで元気に咲いています。部屋に花があるのはそれだけで気持ちが和みます。ありがとうございます。

先週はそれ以外にもたくさんいただきものをしました。
鵠沼海岸にはおいしいレストランがいくつもあるのですが、その一つのカイアノアに行きましたら、10周年記念ということで青森ヒバの菜箸をいただきました。大切に使わせていただきます。

その日の午後にオフィスを貸してくださっている大家さんから「(オフィスのある)3階からよく見えると思いますけれど、枇杷をもぎましたから、どうぞ取りにいらしてください」と、わざわざお電話をいただきました。先日もママレード用に甘夏を無心したばかりでしたが、ありがたくいただくことにいたしました。紙袋いっぱいの枇杷は小さいけれど、とっても甘くておいしかったです♪

実家にスーツケースを取りに行ったら、父が餞別をくれました(^^)。予想していなかっただけに本当に嬉しかったです。

階下に住む義母は2階の私たちの分まで餃子の材料を買ったからといって手作りの種と皮をくれました。いつもいつもありがとうございます♪

少し前にクラスの中で「与えることともらうことに」ついて考える機会がありました。
何かを求める前にまず自分が与えることが大切というのは非常に素晴らしい教えです。けれども、その考えが自分の中で行き過ぎて、常に「自分にできることはなんだろう」「何か与えられるものはないか」と与えることにばかりフォーカスをしすぎてしまうことがあるように思います。

その結果もらうことにフォーカスできずに、いただきものをしても「何を返せば(与えれば)いいのだろう」ということばかり気になってしまって気が重くなったり、フォーカスしていないので実際にもらえないという現実を引き寄せているようにも思うのです。

そんなことを考えていた矢先のたくさんのいただきものでした。
それらのいただきものはすべて私が何かをしたことに対する直線的な「お返し」ではなくて、愛ある気持ちとしてのギフトでした。それを恐縮することなく、感謝の気持ちだけをもって気持ちよくいただくことの大切さを学びました。

(物や時間やお金や言葉など・・)欲しいといいながら、与えることばかりにフォーカスしている自分に気がついたなら、一度素直にもらうことにフォーカスしてみたら生き方がずっとシンプルになるように思います。何かをしないともらえない。何かをしないともらってはいけない。何もしていないのにもらう資格がない。。。という信念は私の中にもかなりあったのだなぁと思いました。

たくさんのものや気づきをいただけて心から感謝しております。

*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-06-15 08:29 | 日々の想い