演奏会

今日はある自治会からの演奏依頼を受けてマンドリンアンサンブルのコンサートを開いた。こういう演奏会を普段「お座敷」と呼んでいる。定期演奏会はマンドリンのオリジナル曲やクラシック曲が多いのだけれども、お座敷は演奏曲もずっとポピュラーだ。

今日もワルツ、マンボ、タンゴ、「となりのトトロ」から「月の砂漠」まで、さまざまなジャンルの曲で構成され、アンコール曲は八代亜紀の「舟唄」だった。

演奏は2時間弱、お座敷とはいえ立派なコンサートだ。

毎回思うのだけれども、ここのアンサンブルは本番にめっぽう強い。練習でうまくいかなかった部分でも本番では絶対に失敗しない。おまけにこの20曲近い演目を、過去に弾いたことがあるものが多いとはいえ、3回の練習で仕上げてしまう。

さらに気持ちがいいのは「大丈夫。私たち本番には強いから。(^^)」という不思議な自信がどういうわけか皆の中にあって、今日も弾いている側が聞き惚れるほどの上々の仕上がりだった。

もちろん素人の集まりで、ミスも多いのだけれど、本当に人の心に届くような演奏しようとする人たちが多い。忙しいとか、遠いとか、腰が痛いとか皆いろいろ言ってはいるけれど、結局私を含めメンバー全員がこの演奏会という場、つまり聴き手と弾き手が共に創り出す一体感が好きなのだろう。

もっとも本番だけは指揮者の怒鳴り声を聴かずにすむ、というのも充実感の理由のひとつかもしれないけれど。(^^;)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
タロット基礎クラスは木曜日・土曜日クラス共に満席となりました。実践クラスはまだ若干空きがあります。カモワンタロット、イシス版マルセイユタロットの初級を勉強された方でしたら、どなたでもご参加できます♪
by m_alchemia | 2010-05-30 21:30 | 日々の想い