失敗

「失敗」について考えている。

人生には失敗はつきもの、というけれど
私はこれまでこの言葉をどこか鵜呑みにして自分の生活の甘さを擁護してきたように思う。

失敗することがある種、人生の醍醐味であり、成長しようとした証(あかし)であるという思い込み。

失敗をしたということは、つまりチャレンジをしたということなのよ、
と自分に言い訳をしながら、実は失敗からあまり学ばずに来たような気がする。

「今日一日、失敗をしないように過ごしてみよう」と思ってみた。

思って気がついたのだけれど、40数年こんなことを思って生活したのは初めてだったということ。そしてもう一つ気がついたのは「失敗しないように行動しよう」と思うと、失敗しないためのいろいろなアイデアがちゃんと湧いてくるし、集中もできるということだった。

今までの私は一体、何をしてきたんだろう。

そしてさらに気がついたことは、それでも尚、私は一日のうちになんとたくさんの小さな「失敗」をしていることか!ということだった。(^^;)

まっすぐに引いたつもりの線が少し曲がってしまったり
お茶をこぼして染みを作ってしまったり
ゆっくりやっているうちに時間がなくなってしまったり
買おうと思っていたものをうっかり忘れてしまったり・・・

失敗をしないで生きるというのは一日でも結構難しいものなのね、と思う。
こういう「失敗」が一日のうちに少なくなっていったら、
私の一日はもっとゆったり上質なものになっていくような気がした。

そしてそれは自分の内面の落ち着きを保ち、生活のスキルを少しずつ上げていかれれば
次第に出来ていくことのような気がした。

何故このようなことを思ったのかというと
Rishが突然、「神は失敗はしない。神はチャレンジもしない」と言ったからだ。
(それだけを言われてもねぇ・・・・^^;)

そんなことからこの「失敗」についての考察が始まった。

「失敗をしないようにしよう」と心がけていくことで日常の質が変わっていくことが実感できたのは大きな収穫だった。自分が意識をしなくとも失敗の数が少ない日常が送れるようになっていけたらいいなぁと思う。それは、自分の将来の「夢」の形の一つかもしれない。



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-05-11 21:12 | 日々の想い