自立は自律から

家族で早起きをする(といっても、他の家ではきっと普通・・^^;)という一週間が終わった昨日金曜日、明日は学校がない!もしかして少しはゆっくり寝られる??嬉しいなぁ♪と思いながら本を開いたらいきなり

  「自主性はオフの日に訓練する」

という言葉が目に飛び込んできました。ん~、タイミングがよすぎる・・(^^;)

・・・規則正しい生活が何より大切です。規則正しい暮らしとは生活の原理原則につながると感じています。自分のルールを持つことこそ、自分が自分の主になり、自分が納得のいく働き方、生き方をするための基本だと思います。

フリーランスだからこそ、自分のルールを持つことが大事で、何時に起きて、何時眠る。決まった時間に仕事を始めて、決まった時間までに終わらせる。それができることが大事です、、、とそこまで言ってくれたらいつまでも寝ているわけにはいかなくなり、おかげで今日も昨日と変わらず起きることとなりました。

なんというか、、、全くもってありがたいお言葉です。(^^;)

ちなみに本のタイトルは松浦弥太郎の仕事術」。

松浦氏は高校中退の後、アメリカへ渡り、そして帰国後2000年にトラックで移動書店を初め、その後さまざまな経緯を経て、2006年に「暮らしの手帖」の編集長に大抜擢をされたという人です。

「暮らしの手帖」が以前から好きだった友人から、松浦氏が編集長に納まってから、もちろんいい意味で「暮らしの手帖」の雰囲気が少し変わったと聞き、私も興味を持ちました。

久しぶりに私も「暮らしの手帖」を買い、そして何故、今まで会社組織にあまりはまったことのない松浦弥太郎さんが、それも40歳くらいの若い年齢で編集長に抜擢されたのか、その理由が知りたいと思っていたのです。

彼はいくつか本も書いているのでそれもいずれは読んでみたいと思っておりますが、この一冊を読んでおぼろげながらその理由が分かったような気がします。

私はいろいろな「仕事術」の本を読むのが好きですが、今まで読んできた中で一番好みに会っているかもしれません。松浦氏への興味がますますが広がっています。(^^)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-04-17 12:13 | 日々の想い