食べ物は自分の体と精神をつくる

昨日久しぶりにリーディングセッションを受けた。
こういうセッション自体は数年ぶりで、行ってくださったのは縁あって初めてお会いしたKさん。

私からは特に相談事はなかったが、こちらが提示した家族の一覧に従って
それぞれ家族の体調のことや、気になることなどをKさんのペースでいろいろと話してくださった。

最後に私自身の話になって、食べものをもっと意識したらいいようですよ、と。
食べ物で体を癒すという方法を知っている人とも言われた。

意外だった。他の家族についての話は聞きながら、私もたぶんそうだろうと感じていたものだったけれど、自分のことというのは自分では分かりにくいものなのだなぁと改めて感じる。

「とにかく食べ物は体をつくるし、子供の成功する姿を自分の目で見たかったらきちんと食事を作ってとりなさい、と言っている」とKさん。

そういうことを言ってくる人とは、私の中では一人しか思いつかなかったが、念のため、「そう言っているのは誰ですか?」と聞いてみる。

「えっと、美保さんのお父さんのおばあさん」

・・・やっぱり。そうだろうなぁ。(^^;) 「他にその人何か言っていますか?」

「言いたいことは山ほどあるって。洗濯物の干し方とか、掃除の仕方とか。。。(言われた瞬間、大いに自覚あり。^^;)でもとりあえずそういうのは全部目をつぶるし、忙しいのも分かっているから、体にカビが生えないようにしておけばいいって。でも食べ物だけはだめって言ってる。このおばあさん、すごく厳しい人だったんですか??」

別に厳しい人ではない。けれども、そういうことは当たり前にやっていた人だった、と思う。父や親戚の人の話を総合するとということだが。

でもそのリーディングの後で、私の仕事を全面的に応援してくれているのもこの人だということが伝わってきた。それゆえに苦言を呈してくれているのだと理解できる。

自分の誕生日を目前にして、ありがたいお言葉。
真剣に受け止めて家事の改善に努めます。(^^;)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2010-03-25 20:38 | 日々の想い