幸せな時間

このブログを始めようと思ったそもそものきっかけはイギリスに行けると決まった時点で「それだったら写真を載せたい」と思い立ったことにありました。ですからブログをきっかけにたくさんの方との交流をもつことができたのは予想していた以上の大きな喜びと感じております。

今回コメントの中に「幸せの時間」という言葉を拝見してあらためて私はたくさんの幸せの時間をいただいているのだなぁ・・と感じています。こうしてブログを書いていることもそうですし、家族で食卓を囲むこともまたしかり、です。

「幸せな時間」をもつためには家族でいることも大切ですし、自分の時間や生き方を求めることも大切で、その天秤の両方をもっていないとその「幸せ」は感じられないのかもしれません。

家族の時間を大切にするために、自分の時間や世界を大切にする。いい仕事をしたいからこそ、プライベートを充実させる。

逆に自分の人生を豊かにしたいからこそ、家族との関わりや、仕事での人との関わり一つひとつを大切にする。

常に両方の天秤の皿にのるものについて同じように意識を向けていく。そうすることで「幸せな時間」という天秤そのものがようやく成り立つ。そのように感じています。
by m_alchemia | 2005-06-26 07:49 | 日々の想い