15歳

今日は中学の卒業式でした。年度予定では10日でしたが今年は12日に変更になり、幸いにも暖かで穏やかなお天気に恵まれました。

昨日美容院に行ったときに「桂くんの行っている学校最近あんまりいいうわさ聞かないけど、桂くんは見る限りいたって普通だね」と言われました。そんなうわさが広まるほど、実際中学校は、特に3年生も後半に入ってからは、パトカーが来たり救急車が来たりといろいろとありました。

でも卒業式はとてもしっかりしたもので、落ち着いたいい雰囲気のものでした。生徒たちは皆かわいい。どんなに突っ張っていても顔には幼さが残っており、一人一人まじめに卒業証書をいただいている姿をみて、皆迷いながら溜息つきながらも、どこかに楽しさを見つけ、日々頑張っているんだろうというのがとても伝わってきました。

それにしてもこの個性の強い280名の中3生をまとめる先生方は本当に大変なことだったと思います。学校の先生のご苦労がしのばれます。

式が終わって各クラスに戻ったとき、隣のクラスから「手紙・~拝啓十五の君へ」が聞こえてきました。隣のクラスが合唱祭の時に歌ったものです。

そういえばこの合唱祭の時に桂が家に帰ってきて「手紙」がすごくいい曲だった、あれは合唱で聞くのが最高だといい、その後この動画は本当にいいからと言って教えてくれたのを思い出しました。

NHKコンクール課題曲「手紙・~拝啓十五の君へ」

桂はこの一番の歌詞が好きだと言います。私はそうなんだ、としか言いませんけれど、それを聞くだけでも彼の本当の心の内が分かります。

この曲を歌っている中学生の彼・彼女たちの姿をみると、皆すでに一生懸命頑張っているんだなと思います。そんな彼らの幸せを心から祈っています。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-03-12 15:14 | 日々の想い