演奏者

先日ハーピストの三宅さんとお話をしていたときに

曲の速いところを弾く時は少しゆっくりめに弾くこと。
長い音符のところは実際の長さよりも少し短め弾く気持ちでいると、曲全体のバランスがよくなります、と言われました。

楽器を弾いている時、踊っている時、実際には速いところほど気持ちがあせってしまって、どんどんスピードが上がってしまうというのはよくあることですのでナルホドと伺っておりましたが、ふと、これは日ごろの生活でも同じことなのではないかしら?と思いました。

つまり忙しい時ほど気持ちを落ち着けて少しだけゆっくりと一つ一つを丁寧に行うように心がける。
そしてお休みの日などのゆっくりした日は逆にのんびりしすぎないように少しきちんと生活をするようにする。

そうすると日ごろの生活全体のバランスがよくなるのかしら?と。(^^)

私はどちらかというと、忙しいときは猛スピードで、そしてオフの日はどこまでもゆるゆると・・・というパターンに陥りがちなので少し気をつけてみたいところです。

自分の人生を演奏している演奏者としては、自分の曲のバランスがよくなったらよいなぁ・・・と思っているのですが、果たしてうまくいくでしょうか。(^^)

いろいろなことが自分の学びになっています。
いいヒントをいただいたと思って、ちょっとゲームのような感覚で試してみようと思っています。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2010-02-07 19:18 | 日々の想い