部屋もからだも

「断捨離(だんしゃり)のすすめ」という本を紹介していただいた。まだ読んではいないのだけれども、言葉の響きにインパクトがあって気になっている。

いわゆる「物と本を捨てれば心も頭もスッキリする」という類の本である。

以前話題になったカレン・キングストン女史の「ガラクタ捨てれば自分が見える」という本を読んだときはすぐに物を捨てたくなった。この本も多分同じ気持ちになることだろう。

この本を教えてくださったMさんは物の整理ができて余裕ができたら、頭の中にもスペースが出来たようで、おかげでいいアイデアがわくようになったとお話くださった。

部屋の片づけをすると思考もスッキリする。
窓をみがくと将来への見通しが明るくなる。
玄関とトイレを綺麗にすると金運が上がる。

いずれも最近耳にした言葉だ。

そしてもう一つ最近になってよく聞く話がある。

それは「体の冷えをとってあたたかくすると、人間関係もあたたかいものになる」というものだ。

これは私にはかなり新鮮な発想だった。でもお部屋が片付くと、頭の中がすっきりするという理論からいくと、かなり説得力がある意見だなぁと思う。

ともかく冷えに対する見方がガラっと変わった。

部屋を片付けるか、窓を磨くか、体をあたためるか・・・さてさて、どこからとりかかろうかしら。(^^)


*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-01-13 22:46 | 日々の想い