目標

人生の目標を立てるというのが苦手というお話をよく聞きます。
何を目標にしたらいいのか分からない。

でもセラピストさんから「どこに行きたいのか分からないのでは、タクシーの運転手だって困るよ。あなたをどうしてあげたらいいのかも分からない」と言われたというお話も聞いたりします。

京セラの稲盛和夫氏監修の「地上最強の商人」(オグ・マンディーノ著)の巻物の部分にはこんなふうに書かれています。

「一日の目標を立てる。そして、その週の、その月の、その年の目標を立てる・・・・。」

この言葉はずっと目にしてきたのですが、この間、ああそうかと初めて意識に上ってきました。(^^;)

それはまず一日の目標を立てて、それを達成することだけを考えなさいということなのだと。

一日の目標が立てられないうちは、人生の目標を立てる力も育っていないと考えていいかもしれません。

今日の目標を立てて、明日のことは考えず、今日の目標を達成することだけを考える。そして実行する。明日になったら明日の目標を立て、それだけを考える。

それに慣れてきたら、一週間の目標を立てて、来週のことは考えず、立てた目標だけに集中してそれを達成する。それが出来るようになったら、一ヶ月の、そしてそれが出来るようになったら一年の目標というように期間を広げていくという意味なのだとようやく理解しました。

たとえば私は「今日はメールマガジンの原稿を仕上げることを目標にする」と決めたら、それが終わらない限り明日のことは考えません。マンドリンアンサンブルのコンサートが翌日に控えているという場合も、前日はぎりぎりまで(当日の朝まで^^;)練習をしていて、そのあとの用事は考えていません。

そうやってその日に立てた目標(予定ではありません。目標です)に集中することは今はすっかり習慣になっていますが、それが目標を立てるということのいい訓練になっているように思っています。

ちなみに、私がヒーリングに触れ始めた頃にある方からいただいたアドバイスは、一日を「午前中・午後・夜」と三分割して、午前中は午前中のことだけを考えるという癖をつけなさいというものでした。

そのことを今頃になって「地上最強の商人」を読みながら思い出したわけですが、この「巻物」は何度読み返しても、その都度はっとする部分が見つかるというありがたい本です。(^^)

今年はもう一度そのことを改めて意識してみようかと思っています。

「一日の目標を立てる。そして、その週の、その月の、・・・・。」



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2010-01-11 00:03 | 日々の想い