生命力

神棚の掃除をしていると、彼(コオ)が「最近はまた榊が枯れなくなったね」という。

本当にあの頃はすごいスピードで榊が枯れていた。普段は2、3週間はもつ榊がどんなに水を変えても3日と持たない。あの頃というのは税務調査が入って私たちがいろいろと精神的にまいっていた数ヶ月前である。

そして桂の部屋に置いてあるテーブルヤシも見事な枯れ方をした。そもそも観葉植物を部屋に置きたいというのは桂のリクエストだった。ヤシならそれ程水をやらなくてもすぐに枯れることはない。でもどんどん葉が茶色くなった。

同じものがやすらぎの部屋のクラスを行う部屋にも置いてあるが、それが活き活きとしているのをみるとその違いにただ驚くばかりである。

毎日学校へ行って、塾へ行って、夜11時ごろ帰ってくる。部屋の主がくたくたになっているので、植物が枯れるのも無理はないなと思っていた。それくらい桂の日常は(彼の性格からすれば)ハードだったようだ。

この秋は家の植物たちにも大分ハードな日々を過ごさせてしまったようだ。
そしてようやく榊はいつものペースに戻ってきた。

そして桂も進学希望先の推薦が取れそうだということが分かった先月末でお世話になった塾を辞めた。12月に入って家の中は久しぶりの落ち着きを取り戻している。これからはわずかに残っているヤシも元気に復活をしてくることだろう。(^^)

部屋に植物を置いてもすぐ枯れるという人がいる。
でもそれは育て方が悪いということではなくて、本人が疲れきっている分、植物が生命力を分けてくれているからかもしれないなと思う。たしかに枯らしてしまうのは可哀相だけれど、枯らしてしまうから部屋に置かないというのではなくて、感謝しながら一緒に暮らしてみたらどうかと思うのだ。

そしてできれば植物が枯れないような生活、植物を自身のバロメーターにして日々の生活を振り返るということも大事なように思う。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
枯れない、と言えば、フラメンコの発表会の際にIさんからいただいた花束が3週間ほど元気に咲いていました。あの時は本当にうれしかったです。感謝。(^^)
by m_alchemia | 2009-12-07 15:23 | 日々の想い