いつも変わらない場所であるために

シルバーアーチを終えて、タイムリーな記事を読んだ。

昔馴染みのお客さんが寄ってくれるラーメン屋。
「あいかわらずうまいねぇ。〇〇に行ったら味が落ちていてがっかりしたよ」

でもそのラーメン屋さんに言わせると、味が落ちるということは絶対にないという。
味が落ちたのではなくレベルアップをしていないのだと。

人は味覚においても少しずつ進化をしている。
今の時代のようにいろいろなおいしいものに日々出会うような暮らしの中では舌もおのずと肥えていく。だから作り手も微妙に味を進化させていかないとと食べた人は「味が落ちた」と感じてしまう。

だから「あいかわらずうまいねぇ」と感じてもらうためには常に「微妙に」進化し続けることが大切なのだというラーメン屋さんの言葉だった。

これはラーメン屋さんでなくても同じことなのだと思う。今回のシルバーアーチのようなイベントでもそうだし、通常の仕事でも同じことだ。

会社に勤めていても以前と同じやり方で仕事をしていたのでは仕事の質が落ちたと思われるかもしれない。
過去にこのやり方で前は怒られなかったのに次に同じやり方をしたら注意を受けたというのも、お客さんや上司の方が進化しているかもしれないからだ。

主婦であっても常に「微妙に進化して」おいしい料理を作ったりすると、「お母さんの料理はいつもと変わらずおいしいね」(^^)ということになるかもしれない。

「いつも変わらない」と思ってもらうためにはいつも「微妙に進化し続ける」ことだ大事なのだと思った。

この「微妙に」というのがポイントなのだな、きっと。
大きく変わると「どうしちゃったの~!!」ということになりかねないので。(^^;)

そしてお金をいただくプロというのは、その「微妙な進化」への工夫と努力を常に怠らないということなのだと今回しみじみ思った。

次のシルバーアーチも進化していこう。(皆さまヨロシク。^^)
やすらぎの部屋も、いつも変わらない場所であるために進化していきます♪


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
桂が夜中1時くらいまでインターネットにつないでいて寝るのが遅いので、少し前からタイマーをつけて23時になったらネットにつながらないように自動的に切れるようにしたのですが、昨日は私がブログの更新に間に合わなくなりました。(^^;)

しかし、毎日書こうという決意がこんな形で崩れるとは・・・はぁ。
というわけで今日は元気に、少々早起きをして書いています。
明日からも一時間早く起きれる習慣が身についたら最高なんだけど。(^^)
by m_alchemia | 2009-11-05 07:28 | 日々の想い