カーディナル・クライマックス

昨日はいづみさんのセッションをお願いしたあと、占星術を行なっている方にお会いしてきました。

そのときにカーディナル・クライマックスという言葉を教えていただきました。カーディナル(活動宮:おひつじ座・かに座・てんびん座・山羊座)に木星よりも遠い星が入る状態を表すのだそうです。

今の時期は2008年1月16日に冥王星が山羊座に、2009年10月29日に土星が天秤座に、2010年には天王星がおひつじ座に入るということでした。

前回は約80年前の1925年~1931年ということで、1929年の世界恐慌前後ということになるのでしょうか。(フラワーエッセンスとの関連で言えば、ちょうどバッチ博士がフラワーエッセンスを作っていた頃と重なるな、ということを思っておりました。)

活動宮にたくさんの星が集まるということは、それだけ考えられないような変化が起こってくるということでもあり、それは民主党がこれまでの政策を大転換しようとして日本中が混乱している状態をはじめ、世界中の大きな変化と動揺がそれを象徴しているようでもあります。

そのカーディナル・クライマックスの中心が2010年なのだと伺いました。そしてその流れは個人の中にも必ず影響を与えるものですし、星の配置によっては大きな意味をもつ年になっていきますとのことでしたので(それはまさに私。^^;)、ああそういうことを知っておくことができてよかったなと思った次第です。

少なくとも今月末に2年半ぶりに土星がおとめ座から天秤座に移ることで変化を感じる方も多いことと思います。

私は占星術にはあまり詳しくありませんけれども、この配置の中で中心で影響を与えているのは山羊座の冥王星だろうと思うので、何かをしっかりどっしりと築き上げていくことが必要なのでしょうし、逆にいえばいい加減な浮ついたものについては大きな変化を余儀なくされるようにも思います。

基本をコツコツと積み上げる地道な作業が最終的にはものをいう、という感じでしょうか。


*本日もお読みくださりありがとうございました♪
会計ソフトをようやく導入する気になりました。今年1月にさかのぼって「コツコツと」入力中。(^^)
10年たって、やすらぎの部屋の土台の補修作業です。
by m_alchemia | 2009-10-18 23:38 | 日々の想い