桂の前期期末試験の結果が返ってきている。
夏の終わりから一緒に勉強をしてきたこともあり、私が点数を気にしていることを知っているためか
学校から帰ってくると答案を持ってくる。

平均点ギリギリのものもあれば、クラスで一番だった!というものもあり・・・
でも今回は顔つきが本当に変わったなと思う。

中学生になったら勉強は自分で計画を立ててできるようになるべきと思って
勉強を完全に本人任せにしていた中学2年の今頃は、
本当に彼らしくないほど振舞いがすさんでいて、目つきも言葉遣いもきつかった。
あれから、ずいぶんがんばったね~。
(中学生の勉強に必死でつきあった私もだが・・^^;)

どの点数であれ、きちんと勉強してとった点数だという思いがあるからだろう。
勉強したからこそ落胆の大きい教科もあったようだし、自信になったものもあったよう。

やるべきことはやっているという思いは、
こんな風に顔つきに表れるのだなぁと思った。

実際にには「まだ余裕を残してるよね・・・」という顔に見えるので、そう伝えたら
本人いわく「だって受験本番までまだあるし、今から全力だと疲れちゃうでしょ」という答えが返ってきた。
やっぱり・・・^^;

その自信は成績に反映されるのかどうかは分からない。
でも少なくとも、親としてはその表情をみたことで
私自身、未熟で迷いながらも子供との向き合い方を修正してきた意味はあったな、と思った。

さてさて、今の私はどんな顔をしているのだろう。。。



*本日もお読みくださいましてありがとうございました♪
by m_alchemia | 2009-09-16 19:09 | 日々の想い