夫婦で夢を語る

先日のセッションのときに、「子供は毎日楽しくて仕方がない、といった感じですが、本当に勉強をしないんです。いったいどうしたらいいのでしょう?」というご相談をいただきました。

タロットを展開していくと、女帝と皇帝のカードが向き合っています。
この2つのカードは夫婦を表しますが、眺めているうちに「もっとお二人で話をした方がいい」といっているように見えてきました。

私ははじめ子育ての方針について話し合うということをタロットは語っているのかと思いましたが、「いや、そういうことではないよ」と私の中でRishがいいます。

「お互いが会話を楽しむこと。お互いがお互いの夢を語り合うことがとても大切なのだよ。夫の夢、妻の夢、二人の共通の夢。それを家の中で語ることが。

子供たちは父親と母親に自分の将来の姿と自分の将来のパートナーの姿を重ね合わせる。

大人たちの中に自分の夢を実現させる姿をみた子供たちは大人になることが楽しくなる。楽しくないのに大人になるために勉強をしたいとは思えない。

家庭の中で、家族がお互いの夢を語ること。誰がどんな夢を持っているのかを皆が知っていること。それをお互いが応援ししていこうという気持ちをもつことができたら、子供の勉強に関する根本的な問題は一つクリアできる」


・・・ということですが、どうでしょう?と、私も相手の方にお伝えしながらその内容を心の中で反芻しておりました。

私の夢はなんだろう?
彼(コオ)の夢は?
私は子供の時、父の夢、母の夢を知っていたかなぁ・・

子供が大人になって自分の夢を叶えることに楽しさを感じられたら、それに向かって頑張りたくなる。勉強も、もしかしたらしたくなる。それが自然の流れというものだ、というRishの言葉、忘れずにいたいと思います。

いろいろなことをいわれている今の時代であっても、夢ぐらいは何にも影響されずに大きく語ってもいいのはないでしょうか。

大切なことを諭されたように思います。
ご相談をしてくださったYさんに心からの感謝をしております。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。今日は8月とは思えないほど涼しい一日でした。皆さま、お風邪をお召しになりませんように。
by m_alchemia | 2009-08-31 00:02 | 日々の想い