パイン

先週末で14期のフラワーエッセンスクラス(初級)が終了しました。お越しいただいた皆さまのレポート(感想分)をUPさせていただきました。

そのうちのお一人KMさんよりいただいたレポートの一部です。

 ・ ・ ・ ・
私は、ここ数年の変化の波の中で、色々な感情を抱え込んでいて、
皮膚も掻き壊してしまい、悲しい気持ちが中々消えず、
クラスのシェアリングの時もいつも感情が溢れてしまって話すこともままならないような感じでした。

心の中も厚い雲がかかっている様に重苦しく、この先何も良いことが無いような気がし、
油断するとすぐに涙がこぼれてしまうような精神状態でした。

(中略)

でも、パインを飲み始めてしばらくすると、あるときにふと、心が軽くなる瞬間がありました・・!厚い雲に覆われていた空に、少し切れ間が開き青空が見えたような感じでした。そんな感覚はすごく久しぶりでしたので、すごく印象的でした。しかし、すぐにまたその切れ間は閉じてしまいました。
でも、そこから時々青空が見えるようになり、今、飲み始めてほぼ2ヶ月ほどですが、
心の中はおおむね晴れています!!

そして、私は今まですごく自分のことを責めていたのだと思いました。
他のエッセンスも私の中でとても当てはまるのですが、イライラしている、
人と打ち解けられない、人を批判する自分を、私はずっと攻め立てていたのだなあと思いました。

また、これまでは悲しかったことや、悲観的な思いばかりが浮かんでいたのですが、
段々、楽しかったことの方を思い出すことが増え、それが例え理想的な思い付きではなくても、
私がそう思うのだから仕方ない、と思うことが出来るようになってきました・・!

そして、手を掻きむしってしまうことも無くなって来たのです!
(これは私の中ではとても大きなことです。)一時に比べて皮膚もすごくきれいになりました!

(中略)

エッセンスをこんな風に月に一回のペースで実感を伴いながら、
ゆっくりと学べたことを本当に、心から良かったと思っています。

 ・ ・ ・ ・
パイン(松)は罪悪感に対するバッチのフラワーエッセンスです。自分を責める感情は皮膚に表れやすいとも言われておりますが、KMさんの場合もパインが助けになってくれたようで、私も自分のことのように嬉しく思いました。

ところで、このところクラスやセッションの中でパイン(松)をお選びすることが幾度かありました。

その中で生理周期が乱れているという方に対して、ペンデュラムでパインがヒットしたことがあります。私は自分のペンデュラムによる選択を信頼してはおりますけれども、一方で可能な限り文献その他によって確認をするということも大事にしておりまして、それでしばらく気にしていましたら、「罪悪感はホルモン障害、特に下腹部にある臓器にストレスがかかる」という一文が目に止まりました。(バッチフラワー ニューセラピーⅡ)

ああ、それならば女性ホルモンと罪悪感(=パイン)というつながりも納得がいくなと思った次第です。

こうしてその都度エッセンスと向き合っていくと、如何に感情がさまざまな事柄に影響を与えているかということがよく分かります。

私はフラワーエッセンスというツールを通じて、心と体がどんな風につながっているのかを学ばせていただいておりますが、これは本当にどこまでいっても終わることがないなぁ、と思いますし、そういうものに出会えたことはとても幸せなことだとも感じています。

KMさんは「これまで気がつくと、過去の嫌なことを思い出して悲しくなっていたけれど、最近は気がつくと過去の楽しいことを思い出していることが多くなった」と、それがフラワーエッセンスクラスを通じての大きな変化だとおっしゃってくださいました。(^^)

フラワーエッセンスの優しさと深さを身にしみて感じております。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
15期フラワーエッセンスクラス、火曜日・土曜日クラスは満席となりました。ありがとうございます♪
by m_alchemia | 2009-08-11 18:55 | 日々の想い