夏期講習

中学3年生の桂は今年、夏期講習づけになっている。

毎日毎日、午前中に家を出て、帰ってくるのは夕方6時頃。休みの日さえ追試があるといって塾に出かけ、帰ってからも、また出かける前も塾の宿題に追われている。さすがに疲れているようにみえるのだが、それでも最近「塾には行ってしまえば時間はあっという間だし最近は少しおもしろくなってきた」と言う。

夏休みに入る前とは顔つきがいい意味で違ってきていることに気がつき、正直、すごいものだなと思う。

私も求められるまま、毎日夏期講習の数学の問題に桂と二人で取り組んでいるが、問題によっては桂の方がずっとスマートな解き方をするようになってきた。かつてはさんざん解きまくった入試問題だが、やっぱり現役生にはかなわないなぁ。。。

去年まではそんなことは一度も思ったことはなかったけれど、さすがに今年は実感する。

「ああ、桂は本当に私よりも大きくなったんだな」

私が子供を育てるという時期は本当に終わりを迎えようとしているんだな。

これからは桂はどんどん外へ行っていろいろな人に自分を鍛えてもらうのだろう。今の塾がそうであるように。

そして私はいつでも彼が安心して帰ってこられるような家を作ることだけを大事にすればいいんだろう、きっと。(^^)

今年はいろんな意味で今までとはちょっと違う夏を過ごしています。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。
by m_alchemia | 2009-08-05 22:49 | 日々の想い