「熱い魂の遺伝子を引き継いだ」人々

昨日のブログに「たくさんの人のあつい『情熱』について」話を伺ってみたいと書きましたが、今朝読んだ本はそんな話がいっぱい詰まっていて、びっくりしました。

吉井妙子著「天才は親がつくる」(文芸春秋 刊)です。まさにグッドタイミング。(^^)

松坂大輔、イチロー、清水宏保(スピードスケート)・・など10人のアスリートの親子の物語です。

ここには周囲の人が本当に「あきれてしまう」ほどに情熱をもって子供に接してきた親の姿、そしてそれに応えようと必死についていった子供の姿が描かれていました。

タイトルからすると子育てをしている人向けのように思われるかもしれませんがが、感じるものの多い本だと思います。

愛情っていうのはこんなにも人を熱くさせるものなのか、と。

母親には決してできない、父親のすごさを思い知らされました。


*本日もお読みくださいましてありがとうございました。今日は江ノ島の花火大会。母も含めて今年は家族4人でオフィスのテラスで観ることができました。
こういう家族の時間を大事にしていきたいと思っています。
by m_alchemia | 2009-08-04 22:07 | 日々の想い