自主練

今日はフラメンコのレッスンを受けてきましたが、注意されている姿勢がなかなか直らないために少々腰が痛いです。

以前も一度同じことで腰を痛めているので、10月の発表会に向けて踊りこんでいくこれからの時期を気をつけて過ごさなければと自分によく言って聞かせているのですが・・・。

先日久しぶりにスタジオをレンタルして、自分の踊りを録画しました。細かいところをチェックしたので、毎回のレッスンで一つ一つ課題をクリアすべくチャレンジしているところです。

それをしながら思うのですが、レッスンの日だからというだけでなんとなくスタジオに向かうのと、自分が今日何の課題に向き合うために行くのかが分かっているのとでは、気持ちの向かい方も、上達の仕方も全く違うのだなということです。

私の中で最もプラスになっているのは、目的が曖昧なままにレッスンに通っていたときには比較の対象が「自分と他の生徒さん」になりがちなのですけれど、自分の課題がはっきりしているときには、その比較対象が「先週の自分と今週の自分」となることです。

そしてありがたいことに、練習を積む分だけ、絶対に今週の自分の方が先週の自分よりも勝っている。それを嬉しく思います。

人というのは他人との比較ではなく、昨日の自分よりも今日の自分が一歩でも前進していると思えるときに幸せを感じられるのかなと、そんなふうに思っています。

フラメンコを始めて6,7年になりますが、最近ようやく「何か体操などなさっていますか?」と人から尋ねられるくらいの外見になってきました。わぉ、すばらしい。。。(と、自分で褒める。)

学校の体育くらいしか体を動かしたことがなく、またそれ以上に体を動かしたいととも思わなかった私には全く奇跡のような一言です。人というのは内も外も変わっていけるものですね。


*本日もお読みくださって、ありがとうございます♪
by m_alchemia | 2009-07-27 22:05 | 日々の想い